熊野古道2泊3日 熊野の水と森を巡るツアー| 南紀白浜空港

  • 熊野本宮大社

    熊野本宮大社

  • 熊野古道

    熊野古道

  • 川湯温泉

    川湯温泉

  • 熊野速玉大社

    熊野速玉大社

  • 熊野速玉大社

    熊野速玉大社

  • 神倉神社の石段

    神倉神社の石段

  • 神倉神社

    神倉神社

  • 大門坂

    大門坂

  • 大門坂

    大門坂

  • 熊野那智大社

    熊野那智大社

  • 三重の塔と那智の滝

    三重の塔と那智の滝

  • ぼたん荘 外観

    ぼたん荘 外観

  • ぼたん荘 大浴場 一例

    ぼたん荘 大浴場 一例

  • ぼたん荘 客室 一例

    ぼたん荘 客室 一例

 概要

熊野の水と森を巡る旅
紀伊半島の南部は熊野地方と呼ばれ、昔から雄大な自然を崇拝する文化があり、神々が住むと言われておりました。仏教伝来後は、神仏習合の一大聖地として、人々は落差日本一の滝をはじめ、奥深い山々の長く険しい参詣道を歩いてお参いりをしてきました。その旅は「よみがえりの旅」と言われ、熊野へ詣でることで、来世の安寧が得られるとして、一大ブームを起こしました。混とんとする現代社会においても、人々の熊野信仰への思いは変わらず、いわゆる「密」もないことから心の拠り所となっています。 今回は熊野と大きく関わる滝、川、海などの水と、奥深い山や森をテーマにした旅をお届けします。水の国、木の国(紀の国)の旅をお楽しみください。

エリア 本宮周辺、新宮、勝浦、古座川
ルート 三軒茶屋跡~熊野本宮大社、熊野速玉大社~神倉神社、大門坂~熊野那智大社
期間 2泊3日
コースタイプ 語り部あり(※要事前予約)
移動手段 飛行機、電車、レンタカー、路線バス、徒歩
荷物搬送 なし
コースレベル 初心者以上 ※2-3時間以上のハイキングが可能な方
宿泊 川湯温泉、古座川
価格 ご宿泊先により異なります

ここで紹介するモデルコースは、パッケージツアーではなく行程のご提案です。
このモデルコースを参考に、お客様のお好みの宿泊施設やオプションツアー、トラベルサービスなどを組み合わせることで、自由にオリジナルツアーを組み立てください。出発日や参加人数にも制限はございません。(一部条件はございます。)お客様のご都合でアレンジいただき、お申込みください。
※公共交通の時刻は、予告なく変更となる場合がございます。
1日目

     飛行機:南紀白浜空港着

     レンタカー:南紀白浜空港→本宮大社前(1-2時間)※ご利用の公共交通機関により変わります。

     路線バス:本宮大社前→平岩口バス停(~5分)

     古道歩き:三軒茶屋跡→熊野本宮大社・大斎原(~3.5km、~2時間)

     観光:熊野本宮大社、熊野本宮大社旧社地大斎原参拝

     レンタカー:本宮大社前→川湯温泉(10-20分)

     宿泊:川湯温泉

2日目

     レンタカー:川湯温泉→高倉神社跡相須神丸(20-25分)

     レンタカー:高倉神社跡相須神丸→熊野速玉大社(~30分)

     古道歩き:熊野速玉大社~神倉神社(~2時間)

     レンタカー:速玉大社前→大門坂駐車場(~35分)

     古道歩き:大門坂→熊野那智大社、青岸渡寺→那智の滝(~1.8km、~2時間半)

     レンタカー:大門坂駐車場→ぼたん荘(~60分)

     宿泊:ぼたん荘

3日目

     観光:一枚岩・虫喰岩・明神の潜水橋

     レンタカー:古座川→南紀白浜空港(~1時間半)

     飛行機:南紀白浜空港発

 ルートマップ

 見どころ

熊野古道 三軒茶屋跡~熊野本宮大社2km

「三軒茶屋跡」から「熊野本宮大社」をめざして約2キロ、90分ほどの熊野古道ウォーキングをお楽しみください。
最初のなだらかな上りの後ゆるやかな下りが続くコースです。
途中、熊野本宮大社旧社地 大斎原と大鳥居が望める展望台があります。熊野古道絶景スポットにぜひお立ち寄り下さい。

熊野古道弁当

地元の食材を使用した熊野の山の恵みを存分に味わえる民宿大村屋の特製お弁当です。
熊野の郷土料理の「めはりずし」や赤飯おにぎりが入った4種のおにぎりと季節の野菜や新鮮な食材で丁寧に作られた田舎料理が詰まった体喜ぶヘルシーなお弁当です。
おかずに使われている山菜は大村屋の女将が山で摘んできたものです。
お客様の持ち運びを意識した工夫がされており、古道歩きのおともにぴったりです。

熊野本宮大社

全国の熊野神社の総本山である熊野三山のうちのひとつ「熊野本宮大社」は古くから熊野信仰の中枢を担ってきました。
主祭神は家津美御子大神(スサノオノミコト)です。
三本足のカラスの八咫烏は熊野三山で共通の「導きの神鳥」として信仰されており、神の使者として神武天皇を道案内したという伝説があります。
熊野本宮大社 旧社地である大斎原(おおゆのはら)には日本一の大鳥居が神々の神域の入り口としてそびえたっています。本殿お参りの後はぜひこちらもお参りください。

川湯温泉

川湯温泉では川底から湧き出す70度ある源泉が熊野川支流の大塔川とブレンドされ、天然の露天風呂を楽しんでいただけます。
川原でお気に入りスポットを見つけて石を掘れば、自分だけの露天風呂を作ることが出来ます。
夏期は清流で川遊び、冬期は日本一大きな露天風呂「仙人風呂」で多くの人が訪れます。温泉街の中心には源泉を使う川湯温泉公衆浴場もあります。

高倉神社跡相須神丸

百年ほど前に日足(ひたり)の高倉神社に合祀された、社殿のない神社跡が、赤木川の川岸にあります。
木製の鳥居の先の清流のほとりに、ご神体である岩を拝めます。

熊野速玉大社

熊野川河口に鎮座し、境内には神木とされる天然記念物の「ナギの木」の大樹があります。現在の社殿は明治16年9月に炎上し、その後再建されたものですが、世界遺産には神社境内を中心に背後の「権現山(神倉山)」と熊野川に浮かぶ「御船島」及び「御旅所」を含んで指定されています。

熊野那智大社・青岸渡寺・那智の滝

那智山の中腹に鎮座し、那智大滝(那智の滝)に対する原始の自然崇拝を起源とする神社。
熊野三山の一つとして熊野十二所権現を 祀るが、当社では那智大滝を神格化した「飛瀧権現」を加え十三所権現とも呼ばれています。

 詳細

1日目

  • オプション1:飛行機で南紀白浜空港へ

     8:50頃

    南紀白浜空港着(羽田→南紀白浜空港 JAL213便)

  • オプション2:電車で紀伊田辺へ

     午前中
    JR紀伊田辺駅着

  • 本宮へ

    南紀白浜空港から本宮までは車で約1時間半かかります。
    時間に余裕を持って、出発しましょう。

  • 路線バスにて平岩口へ

    出発: : 12:00頃 本宮大社前

    到着: 12:04頃 平岩口
    バス停「本宮大社前」に到着後、古道歩きの際に必要のない荷物は「熊野古道館」内コインロッカーに預けて下さい。
    バス停「平岩口」到着後、1本道を上ると、「三軒茶屋跡」のつり橋が見えます。
    「三軒茶屋跡」は屋根付きの休憩施設でトイレもあります。
    ここでの昼食をお勧めします。昼食はお弁当を事前にご用意下さい。紀伊田辺駅周辺・本宮大社周辺でも購入可能です。

  • 熊野古道歩き 三軒茶屋跡~熊野本宮大社

     距離: ~2km
     時間: ~2時間

    「三軒茶屋跡」から「熊野本宮大社」をめざして約2キロ、90分ほどの熊野古道ウォーキングをお楽しみください。 最初のなだらかな上りの後ゆるやかな下りが続くコースです。
    途中、熊野本宮大社旧社地 大斎原と大鳥居が望める展望台があります。熊野古道絶景スポットにぜひお立ち寄り下さい。

    コースマップ

  • 昼食

    道中で昼食。

  • 熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

    全国の熊野神社の総本山にあたる熊野三山(本宮、新宮、那智)の中でもとりわけ古式床しい雰囲気を漂わせるのが、聖地熊野本宮 大社。
    かつては、熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「大斎原(おおゆのはら)」と呼ばれる中洲にあったのですが、明治22年の洪水で多くが流出し、流出を免れた社を移築したものです。

  • 世界遺産 熊野本宮館

    「世界遺産熊野本宮館」は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を含む和歌山県・奈良県・三重県の三県を結ぶ本宮地区に立地します。
    熊野本宮大社や旧社地「大斎原」を望む地で、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」(熊野古道)を訪れる皆様に、観光情報や地域情報を発信する拠点として整備いたしました。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」や熊野地域の観光拠点としてお立ち寄りください。

    開館時間: 9:00~17:00

    備考:二つの道の巡礼者の登録場所は世界遺産熊野本宮館もしくは田辺市観光センターです。

    熊野本宮館
    二つの道の巡礼者

  • 大斎原(おおゆのはら)

    大斎原は、熊野本宮大社が明治22年の大水害で流される前の旧社地です。
    大斎原は、熊野川・音無川・岩田川の3つの川が合流する中洲にありましたが(現在は川の形が変わり、明確に中州の形はみてとれない)、 明治22年(1889年)8月に大水害がおこり、大斎原の熊野本宮大社は多くの社殿が流されました。
    現在の熊野本宮大社は、流失を免れた上四社3棟を明治24年(1891年)に現在地に移築・再建したものです。大斎原には、流失した中四社・下四社をまつる石造の小祠が建てられています。

  • 路線バスにて熊野本宮温泉郷へ

    出発: 15:05頃 本宮大社前

    到着: 15:16頃 川湯温泉

    到着: 15:17頃 渡瀬温泉

    到着: 15:24頃 湯の峰温泉


    ※本モデルコースではレンタカーを使用します。
  • 熊野本宮温泉郷宿泊

    熊野本宮温泉郷(湯の峰温泉・川湯温泉・渡瀬温泉)にはゲストハウスから旅館まで様々な宿泊施設があります。

    ※本モデルコースでは川湯温泉に宿泊いたします。

2日目

  • 高倉神社跡相須神丸へ

    川湯温泉から高倉神社跡相須神丸までは車で約25分かかります。
    時間に余裕を持って、出発しましょう。

  • 高倉神社跡相須神丸(たかくらじんじゃあいすかんまる)

    百年ほど前に日足(ひたり)の高倉神社に合祀された、社殿のない神社跡が、赤木川の川岸にあります。 木製の鳥居の先の清流のほとりに、ご神体である岩を拝めます。

  • 熊野速玉大社へ

    高倉神社相須神丸から熊野速玉大社へは車で約30分。
    時間に余裕を持って、出発しましょう。

  • 熊野古道歩き 熊野速玉大社~神倉神社

     距離: ~2km

     時間: ~2時間

    午後からは、熊野速玉大社と神倉神社の参拝。個人で歩くこともできますが、ぜひ語り部専任コースにご参加されることをお 勧めします。他の古道とは違って、一部市街地を歩くこのコースは、「暮らし」 や「文化」が感じることも特徴です。語り部と一緒でなければ知ることのできない、この地だからこそのストーリーに発見や驚きがあること間違いなしです。

    新宮エリアマップ

  • 語り部オプション

    熊野速玉大社~神倉神社ウォーク 語り部専任2時間コース
    ※事前予約が必要です。
    ※お食事は事前にお済ませください。

    ■ 待ち合わせ場所

    13:00 熊野速玉大社前駐車場
    ※このコースにご参加の方には、旅の大きな荷物のお預かりサービスも行っています。

    ■ スケジュール
    13:00熊野速玉大社駐車場(佐藤春夫記念館前)集合 (荷物預かり) 熊野速玉大社参拝 → 寺町~千穂を徒歩 → 神倉神社参拝(急な階段があります) → 15:00熊野速玉大社 (荷物受取) 終了

  • 熊野速玉大社

    熊野川河口に鎮座し、境内には神木とされる天然記念物の「ナギの木」の大樹があります。現在の社殿は明治16年9月に炎上し、その後再建されたものですが、世界遺産には神社境内を中心に背後の「権現山(神倉山)」と熊野川に浮かぶ「御船島」及び「御旅所」を含んで指定されています。

  • 神倉神社

    神倉神社は市街地の西、権現山(神倉山)の南端に鎮座する、熊野速玉大社の飛地境内摂社です。 「ゴトビキ岩」を御神体(ごしんたい)とし、高倉下命(たかくらじのみこと)・天照大神(あまてらあすおおみかみ)を祭神としています。熊野の神が降臨した地とされ、絶壁の上の巨岩「ゴトビキ岩」に、古代の人々は神がやどると信じていました。

  • 大門坂駐車場へ

    新宮から大門坂駐車場へは約30分。
    時間に余裕を持って、出発しましょう。

  • 昼食

    紀伊勝浦駅周辺でまぐろ料理のランチ

  • 熊野古道歩き 大門坂~熊野那智大社・青岸渡寺~那智の滝

     距離: ~2.5km
     時間: ~2時間半

    約2.5kmの古道歩きですが、那智山までは登りが続きます。ゆっくり無理のないペースで歩きましょう。このコースは石畳や夫婦杉など、古の風情が残る古道です。また、熊野・那智ガイドの会のご案内で、一緒に歩くのもお薦めです。
    落差日本一の那智の滝まで歩き、古くから人々の畏敬を集めてきた那智の滝に参拝し、那智山をおります。
    帰りは那智の滝前バス停から紀伊勝浦駅まで路線バスに乗り、JRに乗り継ぎ帰路につきます。

    コースマップ

  • 語り部オプション

    大門坂~熊野那智大社~那智の滝 語り部専任3時間コース
    ※事前予約が必要です。

    ■待ち合わせ場所
    語り部は大門坂駐車場の大きな看板の前でお待ちしております。公衆トイレはありますがコインロッカーはありません。 大きなお荷物をお預けの方は、JR紀伊勝浦駅コインロッカーのご利用が便利です。バス停には駐車場もございますので、自家用車やレンタカーでお越しのお客様も是非お申し込みください。

    ■スケジュール
    大門坂駐車場集合 → 大門坂~熊野那智大社・青岸渡寺から那智の滝 → 解散

  • 熊野那智大社

    那智山の中腹に鎮座し、那智大滝(那智の滝)に対する原始の自然崇拝を起源とする神社。熊野三山の一つとして熊野十二所権現を 祀るが、当社では那智大滝を神格化した「飛瀧権現」を加え十三所権現とも呼ばれています。

  • 青岸渡寺

    世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」としては、神仏習合の過程で熊野那智大社と密接な関係を持つようになった寺院「青岸渡寺」及び「補陀洛山寺」の2寺も熊野那智大社とともに登録されています。
    青岸渡寺は西国巡礼の第一番札所として、補陀洛山寺は補陀落渡海信仰で知られた寺院です。

  • 那智の滝

    那智の滝は、熊野那智大社の別宮・飛瀧神社のご神体として古くから人々の畏敬を集めてきました。
     
    那智大滝は「一の滝」とも呼ばれ落差133mは日本一の名瀑で、熊野の山より流れ落ちる姿は圧巻です。
     

  • 古座川(ぼたん荘)へ

    那智山(大門坂駐車場)から古座川(ぼたん荘)までは車で約1時間かかります。
    時間に余裕を持って、出発しましょう。

3日目

  • 北海道大学和歌山研究林

    庁舎の見学は開館時間に限りご利用いただけます。
    開館時間:平日8:30~17:00
    TEL:0735-77-0321
    体験等ご希望の場合は事前にお問い合わせください。
     
  • 古座川町観光

    一枚岩・嶽の森山・滝の拝など古座川町観光をお楽しみください。

  • 南紀白浜空港へ

    古座川から南紀白浜空港までは車で約1時間半かかります。
    時間に余裕を持って、出発しましょう。

  • 南紀白浜空港から帰路へ

  開始日指定

モデルコース名 熊野古道2泊3日 熊野の水と森を巡るツアー| 南紀白浜空港
出発日
- 2泊3日

※予約受付はご宿泊日当日の10日前まで

語り部・ガイド

語り部・ガイドが必要でしょうか?

荷物搬送サービス

荷物搬送サービスが必要でしょうか?

おすすめプラン

熊野トラベルがおすすめするプランのみ表示しますか?

ベジタリアンタイプ表

 : 含む  : 含まない

  • : 肉
  • : 魚介類
  • : 卵
  • : 乳製品
  • : かつおだし
タイプ A
タイプ B
タイプ C
タイプ D
タイプ E
宿泊施設等(弁当業者も含む)により、ベジタリアン向け料理が対応できないところや、対応できるベジタリアン向け料理の内容が異なりますので、各宿泊施設等の対応可能なベジタリアンタイプ表をご確認のうえ、お申し込みください。
※注:宿泊施設ご到着後にお食事内容の変更等は承れませんので、お申し込み時にご希望の詳細をお知らせください。